知ってて得する英会話集@アメリカ

アメリカ在住の主婦です。 教科書だけでは学べない、実際にアメリカ人が使っている英会話等を載せてます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Vol.46 referral

★アメリカでよく使われる日常英会話(Vol.46)★



referral


【Example】
Could you please give me a referral to Ob/Gyn physician?
(産婦人科医に診て頂くためのアレンジをして頂けますか?)







referral
「紹介」という意味になりますが、アメリカでreferralとは専門医(例の場合は産婦人科医になります)に会えるようアレンジしてもらうことを指します。
(注)Ob/Gyn physician - Obstetrics and gynecology physicianの略称 (産婦人科医)

ただ必ずしもこのreferral(紹介)がなくては専門医に診てもらえないということではありません。
医療保険には色々なプランがあり、中にはこの
掛かりつけの医師に紹介してもらわずとも直接専門医に診てもらえるプランもあれば、必ず掛かりつけの医師から紹介をしてもらい専門医に診てもらうプランもあります。
ただ、後者のプランの場合全く専門医に受診できないというわけではなく紹介をもらわずに直に専門医に診てもらう事も可能です。が、しかしこのような場合は
医療保険会社がかかった医療費の支払いを拒否するという可能性もあります。

私の場合は後者のプラン(必ず掛かりつけの医師から紹介をしてもらい専門医に診てもらうプラン)ですが、自分で「産婦人科医に診てもらう必要がある」とわかっていても、一度掛かりつけの医師に見ていただいて紹介をしてもらうことになります。
そういう時に例文のようにお願いするわけです。






在米の方で「ちょっと意味が違うんじゃない??」とご指摘がある場合も喜んでお受け致します。
ご遠慮なくコメント欄にお書き下さい。<m(__)m>






←参考になったらクリックしてね♪




スポンサーサイト

| R | 04:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://realenglishinus.blog99.fc2.com/tb.php/46-b4d00b19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。